豊後高田市民がつくる活きた情報サイト ~ 観光 宿泊 イベント グルメ 特産 etc ~

お薦め観光地/トレッキング/尻付山 の変更点

LINEで送る

#author("2019-03-30T20:03:28+09:00;2013-06-27T12:24:29+09:00","default:sio","sio")
#author("2019-09-13T12:03:13+09:00","default:fx","fx")
* 尻付山 [#d02eaa46]
// ---------------------------------------------------------------
// 書き方の例(お薦め観光地)
// ---------------------------------------------------------------
// ※ 項目数の増減は行を増やしてください。
// ※ 各行頭にある:記号は必須。
//
// :所在地|豊後高田市▽▽▽
// :電話番号|0978-XX-XXXX
// :ホームページ|---
// :その他|
// :コメント|
// ---------------------------------------------------------------

尻付山は豊後高田市真玉と香々地の境にあり、このあたりでは一番標高の高い山である。一風変わった山名は、その昔弘法大使が四国を懐かしんで腰を下ろしたことが由来とも言われている。
:標高|587.4m
:登山ガイド|県道654号線、豊後高田市黒土付近から「尻付山入口」と書かれた看板に従って細い山道を北に入り、車で10分ほど進むと道の終点に着く。
そこが尻付山の登山口である。
登山道は狭く明瞭でない部分もあるものの、いたる所に「登山道」と書かれた手製の道標が取り付けられているので道迷いの心配はまずない。
道標に導かれながら結構な勾配の登山道を登っていくと25分ほどで山頂に着く。
コース上には残念ながらビューポイントのような場所はないが、広々とした山頂は展望が利き、茅葺の雨宿り小屋や素朴なテーブルもあって居心地がよい。下りは往路を戻る。
また、北東にあるハジカミ山とセットで登られるケースも多く、その場合は西狩場地区か、山を挟んで反対側の小河内地区の登山口から入山し、二本松越を経由して山頂を目指す。
※登山口付近には駐車場がないが、車道の終点から15メートルほど手前に若干道幅が広くなっている場所があるのでそこを利用する。


:参考コースタイム|
尻付山登山口-(25)-尻付山山頂-(25)-尻付山登山口
:最寄の温泉|[[仙人湯>温泉施設/ほうらいの里 仙人湯]]
RIGHT:峯道トレッキングマップより
:問合せ|豊後高田市観光協会
TEL:0978-22-3100
// 編集はここまで --------------------------------------------------
*** 尻付山 利用者からの評価(実際に利用された方のみが評価してください。) [#c5d6cea9]
#vote(非常に良い,良い,普通,悪い,非常に悪い)
*** 尻付山 の口コミ情報をお寄せください。 [#hb31dd9c]
#comment

##ads03##